月の土地をプレゼントに!

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。
同氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、
法律を徹底的に調べました。

すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、
宇宙条約しかないことがわかりました。

同氏は月の権利宣言書を作成し、国連、アメリカ合衆国政府、
旧ソビエト連邦にこれを提出し、「地球外不動産業」を始めました。


月の土地はサプライズプレゼントにぴったり!
月のオーナーは、現在世界中で『約120万人』います。
自分用に月の土地を買うのはもちろん、心のこもった
夢のある贈り物としてプレゼント用にも大変喜ばれています。

バレンタインやホワイトデー、母の日、父の日などの
プレゼントに月の土地は如何ですか?




⇒月の土地の詳しい詳細へ

大切な人に月の土地をプレゼント。驚く・喜ぶ顔が楽しみ!


タグ:月の土地プレゼント 月の土地 月の土地購入 月の土地販売価格
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。